2018年45週目のポッドキャストの話とか

先週もちょこちょことポッドキャストを聞いたので感想文的なものを。

 

お品書き。

 

[しがないラジオ 特別版]

booth.pm

「完全SIer脱出マニュアル購入者限定公開エピソード」。

同人誌本編のおまけにポッドキャストとは新しい(はず)!おまけで限定公開なので、中身は聞いてのお楽しみと言うことで、簡単に感想を。

 

冒頭、しがないラジオの紹介が心なしか丁寧。確かに、技術書典4の参加者が確か7000~8000人くらいいて、しがないラジオの1エピソードの再生数が最近では1500前後と言うことなので、技術書典参加者の大半はしがないラジオを知らない可能性が高いのか。そういえばポッドキャストとは直接関係ないけど、同人誌本体を読み回してる弊社某部署の方々はしがないラジオを知っていたのだろうか……話を聞いてみたくもある。

 

で、そのしがないラジオ。パーソナリティ2人で始めて、話題などの壁にぶち当たりつつも、ゲストが増えていって、キャリアの話も増えていって、今回の『完全SIer脱出マニュアル』に結実した、と。ええ話や……。

しかも、先述の通り、技術書典はしがないラジオの非リスナが多いというマーケットの特性をきちんと理解して、内容を一般寄りにしていくと言うgamiさんの戦略的配慮が憎い。

 

『マニュアル』本編第1章の冒頭フレーズ、「SIerの朝は早い」。zuckeyさんはさらに朝が早かったらしい。それを聞いて8時前に会社に行くなんて、と思ったが、まあ自分も一時的にそう言う時期もあったな、と思い出すなど。最近は部署も変わって11時前出社ですけどね!

しかし、エンジニアに限らないのだろうけれど、最寄りの路線では「朝7時半とか8時くらいがもっとも混雑する時間帯です!」と主張するポスターが貼られているから、その時間に電車に乗って学校や会社にいく人は実際に多いんだろうな。何かの研究では、朝10時以前に学校の授業をすることは学業成績にいい影響を与えない、みたいな結果が出ていたらしいので、早寝早起きならぬ、遅出早退を目指していきたいものだ。

 

転職のスタンスについて、zuckeyさんの転職をテーマにトークが進む。

『マニュアル』本編でも書かれていたけれど、基本的には「楽しい場所に行くため」と言うスタンスが大事、と。なるほどな。「若いうちは」と言う限定がついていたのが、30代としては気になるところではある。何才までが若いうちなのか、木になるところではあるが、父 (@fushiroyama)さんがいつか言っていたように、結局は自分との戦いなんだろうな。がんばろ。

 

短い期間での転職について。気にしないと言う話もあるが、でかい会社の人事の場合だと、気にするケースもなくはないので、転職者側も、ジョブホッパーではないと言うことや、選択肢をしっかり考えて行動していると言うことを説明できるようになっておく必要がある、と。

転職に限らず、仕事に対する考えを整理する上で、『完全SIer脱出マニュアル』も、おまけのしがないラジオ特別編も、とても良い材料になったと思う。

 

最後、少しだけ、不動産業界についての言及が。先日別のところで不動産テック関連の話を聞いたけど、あれはどちらかといえば社内システムの話がメインで、ここで語られていたような不動産を売る側と買う側をつなぐメディア的な要素は聞けなかったけど、そう言うテーマもあったのかな。今度もう一回話を聞いてみよう。

  

[まとめ]

2018年46週目も色々聞いてインプットするぞ。