『The Amazon Builder's Library』オンライン輪読会 第8回開催レポート

aws.amazon.com

2020年3月29日、The Amazon Builder's Library輪読会の第8回が開催された🎉

 

 

[オンライン輪読会について]

開催の経緯についてはこちらの記事にまとめた通り。

 

過去の開催記事は以下。

  

[輪読会第8回の概要]

都合により欠席したメンバーがいたので、第8回は3人での開催となった。

 

今回は先日ブログにまとめた『アベイラビリティーゾーンを使用した静的安定性』という記事について発表した。

 

発表資料はこちら。

slideship.com

 

今回は誤訳が残念というか、タイポがあった。タイポがあるってことは機械翻訳にかけてるわけでもなさそう……。サービル、たまに自分も打ち間違えるけどさ。

f:id:kidani_a:20200329234948p:plain

 

アベイラビリティーゾーンを利用した静的安定性パターンについて、動的に安定させようとすることの何が危険なのかを含めて理解できたし、EC2の内部の設計にも踏み込んでいて勉強になった。

 

AZ障害の話だったので、スライドの最後におまけで2019年8月の東京リージョンでのAZ障害の話を付記しておいた。参加者のtadaさんと、当時の思い出話で盛り上がってしまった(そういえば、当時も直後に『Effective DevOps』のオンライン輪読会でtadaさんと似たような話をしたような気がしてきた)。

 

最後にどうでもいい話。水曜のKotlin勉強会に続いて、VR参加しようとしていたが機材トラブルのため断念した。無念。

 

[まとめ]

今回は『アベイラビリティーゾーンを使用した静的安定性』を読んだ。これで8/13記事なので、進捗としては62%ほど。順調!

 

オンライン勉強会/輪読会はいいぞ!