Amazon Route 53でドメインを取得する際のプライバシーの保護について

f:id:kidani_a:20191104231758j:plain

写経しながらAWS ECS上でDockerコンテナを動かしてWebアプリケーションを作っている途中で、Amazon Route 53で自分のドメインを取得する機会があった。プライバシーの保護について気になり、ドメインを取得しようかどうしようか迷う場面があったので、誰かの参考になればと思いまとめておく。

 

 

[Route 53でドメインを登録する]

Amazon Route 53で新しくドメインを登録する際の詳細な手順については、公式ドキュメントが詳しい。

docs.aws.amazon.com

 

また、AWSマネジメントコンソールの画面キャプチャつきの説明も各所のブログに掲載されている。

qiita.com

dev.classmethod.jp

qiita.com

 

[プライバシーの保護に関する表示]

手順の途中で、ドメインに関する問い合わせ先を入力する画面がある。

 

2019年11月4日時点の画面は以下のようになっていた。

f:id:kidani_a:20191104232720p:plain

 

気になったのは、「プライバシーの保護により、.comドメインの一部の連絡先詳細が非表示になります。」という文面。

 

ここでいう「一部」とは、どこまでを指すのだろうか?

「氏名」が出るのは仕方ないかもしれない、「国/地域」もまあ日本語でブログ書いてるしなんとなく想像はつくだろう*1。東京に住んでるのもたまにTwitterに書いてるしメールアドレスもどこかで公開した気がするけど、郵便番号とか電話番号が世界中にオープンになるのは困る……。

 

という訳で困って色々検索したところ、公式ドキュメントに行き着いた。

docs.aws.amazon.com

  • Amazon Registrar – デフォルトでは、お客様の連絡先情報すべてが非表示です。
  • Gandi – デフォルトでは、組織名 (存在する場合) を除いて、お客様の連絡先情報すべてが非表示です。ただし、TLD レジストリの規則が優先されます。

今回利用するのは.comドメインAmazon Registrarになるはずなので、連絡先情報はすべて非表示となるらしい。

 

実際にドメインの登録を行って、whoisで確認してみると以下のように自分の情報は(対象となるドメイン名を除いて)一切表示されていなかった。万歳。

f:id:kidani_a:20191105002342p:plain

 

なお、どのトップレベルドメインでどのような情報が非表示になるか、については以下のページに一覧がある。

docs.aws.amazon.com

個人で登録する場合、Privacy Protection(プライバシーの保護)には大別して以下のパターンがあるようだ。

  • すべて非表示(.com, .orgなど)
  • 一部項目を除くすべての情報が非表示
    • 組織名のみ表示(.biz, .tvなど)
    • 州 / 地域および国のみ表示(.io)
    • 登録者の連絡先の名前のみ表示(.net.au, .com.au)
    • 連絡先名、組織名のみ表示(.cc)
  • レジストリにより決定(.ru, .frなど)
  • プライバシー保護のサポート外(.jp, .fmなど)

 

[参考:ドメイン登録完了にかかった時間]

参考までに、Route 53を利用して.comドメインの登録にかかった時間を記載しておく。今回の場合、注文の確定からドメイン登録の連絡までで約10分であった。なかなか感動的な速さではないだろうか。

f:id:kidani_a:20191105005116j:plain

 

ドメインの種別によってはもう少し時間がかかるケースもあるかもしれない。

 

[まとめ]

 

ここまで色々と時間(とお金)をかけて取得したので、来年はせっかくなら何かちゃんとしたサイトを運用してみたい。

*1:想像がつくことと確定的な情報であることは別物だが。