CloudWatch Logs Insightsでロググループを一括選択する

CloudWatch Logs Insightsは2018年11月に利用可能となったサービスで、Amazon CloudWatch Logsのログデータをインタラクティブに検索して分析できる優れものである。

通常のCloudWatch Logs画面では、単純な検索しかできないが、CloudWatch Logs Insightsでは関数を利用して複雑なクエリを実行することができる。

 

docs.aws.amazon.com

 

 

[ロググループが選択しづらい]

しかし、CloudWatch Logs Insightsにも弱点がある。2021年2月現在、検索対象とするロググループを選択する際に、チェックボックスに一括でチェックをつけることができない。

f:id:kidani_a:20210205000538p:plain

 

このため複数のロググループをまとめて検索したい場合に不便が生じる。

 

[CloudWatch LogsからInsightsを開く]

この問題は、通常のCloudWatch Logs画面を利用することで回避できる。

CloudWatch LogsのLog Groups画面を開くと、右上の真ん中に「View in Logs Insights」のボタンが表示されている。

f:id:kidani_a:20210205000639p:plain

 

検索対象としたいロググループの名称を入力して絞り込み、左端のチェックをつけると「View in Logs Insights」のボタンをクリックできるようになる。

f:id:kidani_a:20210205000714p:plain

 

「View in Logs Insights」のボタンをクリックすると、CloudWatch Logs Insightsの画面が表示される。

f:id:kidani_a:20210205000747p:plain

 

ロググループ名称はひとつしか表示されないが、「+ Show more chosen log groups (+n)」のメッセージをクリックすると、選択されて検索対象となっているロググループの名称をすべて確認できる。

f:id:kidani_a:20210205000820p:plain

 

これで何度も検索したいロググループにチェックを入れる作業から解放される!

 

[CloudWatch Logs Insightsの注意点]

ただし、CloudWatch Logs Insightsを利用する際にはいくつか注意点がある。

 

▼検索対象ロググループの上限は20個

通常のCloudWatch Logs画面で検索した結果のうち、21個以上のロググループにチェックをつけてもCloudWatch Logs Insightsの画面が表示される。

しかしそのままクエリを実行しようとすると、以下のようにInvalidParameterException: Too many log groups specifiedと表示されエラーとなってしまう。

f:id:kidani_a:20210205001002p:plain

 

20個以下のロググループを選択してクエリを実行し直すか、そもそもそんなにたくさんのロググループを同時に見なくて済むようにロググループの管理方法を見直す必要がある。

 

▼検索できるログデータは2018年11月5日以降

複雑なクエリを実行できて便利なCloudWatch Logs Insightsだが、検索できる期間に制限がある。

サービスが公開された2018年11月5日以降のデータしか検索できないのである。

 

たまに忘れて2016年のログデータを検索しようとするおバカさんがいるので注意が必要だ。

 

[まとめ]

  • CloudWatch Logs Insightsはロググループ検索画面から開くとロググループを一括で選択できて便利
  • CloudWatch Logs Insightsで一度に検索できるロググループは20個まで(2021年2月現在)
  • CloudWatch Logs Insightsで検索できるログデータは2018年11月5日以降のもののみ