iOSを更新したらGoogle Authenticatorが起動しなくなったのをオフロードで解消する

AWSマネジメントコンソールなどのログイン時に、多要素認証(MFA)を利用している。

物理MFAデバイスを複数持ち歩くわけにもいかないので、仮想MFAデバイスとして、iOSアプリの「Google Authenticator」を利用している*1

Google Authenticator

Google Authenticator

  • Google LLC
  • ユーティリティ
  • 無料

apps.apple.com

 

iOS 14へのバージョンアップ後に、バージョンアップ起因と思われる問題に直面したのでメモしておく。iOS 15へのバージョンアップ時に同じ問題にぶつかるかもしれないので。

 

 

[Google Authenticatorがクラッシュ]

2020年11月末にiOS14に更新したあたりから、Google Authenticatorのアイコンをタップすると、Google Authenticatorが一瞬起動するものの、すぐにクラッシュしてしまいMFAコードを利用できなくなってしまった。

 

Googleで「google authenticator ios not working」と検索すると、以下のページがヒットした。

support.google.com

Go to Settings > General> iPhone storage> Google Authenticator > Open > Offload Authenticator App and Reinstall Authenticator,  

 

設定画面から該当アプリをオフロードして再インストールしろ、と指示が書かれている。

データが失われずに済むとも書かれているので、試してみると無事にアプリが起動できるようになった。オフロード前に登録されていたMFAも問題なく利用できる*2

 

[iOSアプリのオフロード]

以下に、iOSアプリをオフロードする手順をまとめておく。

 

設定アプリから、「一般(General)」を選択し、「iPhoneストレージ(iPhone Storage)」を選択する。 

f:id:kidani_a:20210122015453p:plain

f:id:kidani_a:20210122015931p:plain

 

アプリがたくさん並んでいるので、Authenticatorを探す。右上の虫メガネアイコンをタップして検索することもできる。

f:id:kidani_a:20210122020122p:plain

 

アプリを選択すると、このような画面が表示されるので、真ん中の「Offload App」をタップする。

f:id:kidani_a:20210122020235p:plain

 

オフロードを実行するか確認されるので、そのまま実行する。

f:id:kidani_a:20210122020327p:plain

 

オフロードの実行中はこのような画面になる。

f:id:kidani_a:20210122020427p:plain

 

オフロードが完了すると、このような画面になる。画面真ん中の「Reinstall App」をタップすると、オフロードしたアプリを再インストールできる。

f:id:kidani_a:20210122020507p:plain

 

ちなみに、オフロードしたアプリはホーム画面上ではこのような表示になる。

f:id:kidani_a:20210122020746p:plain

 

ホーム画面上のアイコンをタップしても、再インストールを実行できる。

f:id:kidani_a:20210122020857p:plain

 

再インストール完了後は、通常どおりアプリを利用できる。

f:id:kidani_a:20210122021016p:plain

 

[まとめ]

  • iOS更新時にGoogle Authenticatorがクラッシュする問題があった
  • Google Authenticatorのオフロード+再インストールで問題が解消した
  • オフロード前に登録したMFAは失われず利用できた
  • オフロードの実行経路は「Settings > General > iPhone Storage > オフロード対象アプリ」

*1:Android版は「Google 認証システム」という名前がついている。

play.google.com

*2:アプリのオフロードではなく削除を実行してしまうと、MFAコードが取得できなくなってしまうので、AWSマネジメントコンソールなどで再度MFAデバイスを有効化する必要がある。