2019年11月の振り返りと2019年12月のチャレンジ

f:id:kidani_a:20190401232848j:plain

振り返るな、前を見ろ!希望はそこにあるものさ!

 

この記事は、challenge-every-month Advent Calendar 2019 の3日目の記事です。

adventar.org

 

 

[2019年11月:GraalVMの調査をする]

11月のチャレンジはこちらの記事にある通り「GraalVMの調査をする」、正確には「毎日GraalVM関係の用語を3つ(以上)調べてまとめる」でした。

kdnakt.hatenablog.com

 

定量的評価】

週次の振り返りブログで簡単に経過報告をしていましたが、1ヶ月分をグラフにプロットすると次のようになります。用語3つを達成できた日が15日、達成できなかった日が15日でした。厳密に達成した日数で考えるならば、11月のチャレンジの結果は50%達成ということになります。

f:id:kidani_a:20191202231323p:plain

また、30日間で合計66用語を調べましたが、30日×3用語で90用語を100%と考えるならば、73%達成ということになります。

 

【定性的評価】

ところで11月のチャレンジは、10月のチャレンジのKPTを考えた時に出てきた以下のTryを受けて詳細を設定したものでした。

  • Try
    • 今月の目標を日々のタスクに細分化する
    • 細分化したタスクを日常的なツール、活動とリンクさせる

 

「日々のタスクに細分化」は「1日に用語3つ」という形で、「 日常的なツール、活動とリンク」は「Trelloにチェックリストつきカードのリピートを設定する」という形でそれぞれ実践しました*1。もともと日々のタスク管理にTrelloを使っていたので、そこに毎月のチャレンジを組み込むことで、比較的自然にチャレンジを継続することができました。

そのおかげもあり、アウトプット数0の日についても「GraalVMの調査」は実施しており、本来の目的に向かって進むことはできていたと言えます。

 

【ふりかえりまとめ】 

良かった点についてまとめると、次のようになります。

  • 定量的評価
    • 日数ベース:50%達成
    • 用語ベース:73%達成
  • 定性的評価
    • 日々継続してチャレンジに取り組んだ

 

反省点としては、以下が挙げられます。

  • アウトプットに繋げられない日が続くことがあった
  • 週の後半、特に週末にそういった日が多かった

普段ブログを書いている時も、週の前半の方はブログを書きやすく週の後半はブログを書くタイミングを逃しがちなので、この傾向については理解しているつもりでしたが、十分に対策ができていなかったようです。

次回以降のチャレンジでは何かしらの対策を施したいところです。

 

[2019年12月:アドベントカレンダー走破]

走破、というほど大した量ではありませんが、去年に引き続き複数のアドベントカレンダーにエントリしています。無事に全てのエントリを書き切ることを12月のチャレンジとします。

 

12/2時点での今年のエントリ状況は6カレンダーです。

 

参考までに、去年は7記事を書ききりました。今年ももう1つくらいエントリできるかな……。

  

とりあえず、11月の反省を活かして、週末にブログを溜め込むことの無いよう、早速今日から下書きを作り始めることにします(本当は11月中に始めようと思っていた)。

 

[まとめ]

12月も忙しいけどアウトプットするぞ!

 

*1:TrelloのPower-Upと呼ばれる追加機能のひとつ「Card Repeater」を利用しました。