#技術書典 6 に参加して午後イチでなんとか目的の本をゲットした

半年ぶり3度目の一般無料参加(子連れ)でした。本当は朝一で並んで有料参加しようと思ったけど諸事情により叶わず……。

 

前回、前々回の参加レポ(同じく子連れ)はこちら。

kdnakt.hatenablog.com

kdnakt.hatenablog.com

 

[技術書典6の戦利品]

今回は技術季報 vol.6と5冊をゲット。

 

あれ、前回の技術季報はvol.4だったはず……vol. 5を買い損ねた?はてさて。

そして、前回に続きgolang.tokyoの本をゲット。Goチョットデキルになりたい!

 ※golang.tokyoさんは紙の本は出していないそうです。失礼しました。

 

同じくGo言語関連で静的解析の本をゲット。BOOTHでの販売がないと現地で聞いたので即断。

そしてこちらも前回に続き、『Microservices architecture よろず本 その三』をゲット。

 

さらに前回に引き続き、Growthfactionさんの『概念論挫折論への招待』をゲット。

そして『DNSをはじめよう』、『AWSをはじめよう』でおなじみの著者による『技術をつたえるテクニック』をゲット。

 

どれも電子版つきでとてもありがたい。といっても、今月来月は通勤時間がほぼゼロなので、ベッドで読むくらいか……。

 

[当日の流れ]

10:50頃 長男H氏と次男H氏を連れて池袋東口到着

(次男H氏がバスに酔ったのか私の服に向けてリバース、応急処置を済ませ入口に向かう)

11:00頃 技術書典入口の長蛇の列を見て(服の汚れもあり)一般有料参加を断念

11:30頃 池袋東口ユニクロで着替えを購入し、試着室で着替えを済ませる

(パンツも汚れていたので、試着ができずピチピチのスキニーを購入する失態を犯す)

12:00頃 池袋西口の行きつけの居酒屋でランチ

13:00頃 トイレを済ませつつ、技術書典入口の無料参加の行列に並ぶ

(ちょうど外にでる直前くらいまでの行列になっていた)

13:30頃 お昼寝中の次男H氏を抱きかかえつつ色々買い物を済ませ、golang.tokyoでぶどうぐみ先生(とmom0tomoさん)にご挨拶

13:45頃 買い物に付き合ってくれた長男H氏にサーティーワンをおごる

14:00頃 バスを避けて電車で帰路につく

  

こうして見ると、技術書典会場の滞在時間は30分ほどか……目的の本は買えたし、ご挨拶もできたし、満足。

(そういえば前回も30分ほどの滞在であった)

 

今回は、転職していった元同僚諸兄が売り子をしているのを会場のあちこちで見かけたが、お昼寝中の次男H氏を抱えていたこともあり、話しかけるのは断念。ブロッコリー先生ともお話したかったな……。

 

ちなみにランチはこちらのお店、莫莫居(ばくばくきょ)。普段は禁煙の座敷席があり子連れでゆっくりできるのだが、この日はなぜか貸切だったため、普通の個室に通されてしまった。

ランチはドリンクバーがついていて、居酒屋にしては珍しくお子様セットもあり、子連れにはありがたいお店。

www.bakubakukyo.com

 

[まとめ]

運営スタッフのみなさま、サークルのみなさま、そして買い物に付き合ってくれた長男H氏、ありがとうございました。

おかげさまで素敵な本の数々を手に入れることができました。

次回は三男K氏も一緒に参加できるといいなあ(願わくばリバースなしで)。

 

現地で見逃した本のダウンロード版を探しつつ、買った本読むぞ!