ノッチありM1 MacBook ProでAmazon WorkSpacesクライアントを全画面表示する

半年近く悩んでた問題がやっと解決したのでまとめておく。

 

 

[全画面Amazon WorkSpaces]

M1 MacBook Proにはノッチがある。それでも、普通のアプリケーションを全画面で使う分には何の問題もなく使えていた。

 

しかし、Amazon WorkSpacesクライアントだけは違った。

全画面表示にすると、画像のように上から1センチくらいの部分がノッチ部分によって隠されてしまっていた。Amazon WorkSpacesクライアント内でブラウザなどを全画面表示にすると、ちょうどタブの部分が隠れてしまい、使いづらいことこの上ない。

 

[内蔵カメラの下に収める]

同じくM1を利用する会社の同僚もノッチ問題に苦しんでいたのだが、先日解決策をTwitterで見かけて共有してくれた。

 

Finderでアプリケーションフォルダを開く。

WorkSpaces.appを右クリックしてメニューを表示する。

「情報を見る」をクリックすると、目的の設定項目「内蔵カメラの下に収まるようにサイズ調整」が出現する。これにチェックを入れると問題が解決する、はず。

 

しかし、状況が改善しなかった。

元のツイートを見るに、Amazon WorkSpacesのクライアントを再起動する必要はなさそうだった。念の為再起動してみたが、やはり効果がなかった。

 

[メニューバーを自動的に非表示]

分報チャンネルで悩んでいると、別の同僚が解決策を提示してくれた。

「システム環境設定」から「Dockとメニューバー」を選択し、「フルスクリーンでメニューバーを自動的に表示/非表示」にチェックをつけるといいらしい。

 

言われた時は、このチェックついてるはずなのに、と思いながら設定を確認すると、なぜかチェックが外れていたorz

チェックをつけると、全画面表示にしているAmazon WorkSpacesクライアントがいい感じに表示されるようになっていた!やったー!

 

[まとめ]

  • M1 MacBook Pro(ノッチ有)でアプリの全画面表示がうまくいかない問題があった
  • 「情報を見る」>「内蔵カメラの下に収まるようにサイズ調整」の設定をオンにするだけで解決するケースもある
  • 自分の場合は「Dockとメニューバー」>「フルスクリーンでメニューバーを自動的に表示/非表示」の設定もオンにする必要があった