RDBのシーケンスのキャッシュのデフォルト値比較

RDBを選ぶ機会があったので調べてみた。

 

 

[シーケンス]

シーケンスは連番を利用したいときに利用するDBオブジェクトである。

利用するDBによって多少差はあるが、使い方は以下のような感じ。

 

  • 作成時(DBによって利用可能なオプションに差がある)

CREATE SEQUENCE my_sequece_name INCREMENT BY 1 START WITH 1;

  • 取得時
SELECT my_sequence_name.nextval FROM DUAL; // Oracle, h2, MariaDB
SELECT NEXTVAL(my_sequence_name); // PostgreSQL, MariaDB
SELECT NEXT VALUE FOR my_sequence_name; // h2, MariaDB, SQL Server

 

取得方法も様々だが、後発のMariaDBが色々対応していて、シーケンスについてだけ見れば乗換えやすそうではある。

 

MySQLではシーケンスの代わりにAUTO_INCREMENT属性を利用できる。 

dev.mysql.com

 

また、ひとくちにシーケンスといっても、DBによって挙動が異なる。

zatoima.github.io

 

[シーケンスのキャッシュ]

シーケンス作成時にCACHE + 数値またはNO CACHEというオプションを指定できる。

パフォーマンス向上のためにメモリ上に事前に採番したシーケンスをキャッシュとして保持する仕組みだ。

 

しかし、キャッシュがメモリ上に保持されるためDBを再起動すると、シーケンスに欠番が発生することがある。

www.bnote.net

kanamelogic.com

 

[キャッシュのデフォルト値比較]

シーケンスに最大どれくらいの欠番が発生するか、はシーケンス作成時に指定されるキャッシュのサイズに依存している。

シーケンス作成時にキャッシュサイズが指定されない場合、欠番はDBのデフォルト値に依存するが、これはDBによって値が異なる。

 

Oracleのシーケンスキャッシュのデフォルト値は20となっている。

docs.oracle.com

 

PostgreSQLのシーケンスキャッシュのデフォルト値は1となっている。

www.postgresql.org

 

MariaDBのシーケンスキャッシュのデフォルト値は1000となっている。

mariadb.com

 

H2のシーケンスキャッシュのデフォルト値は32となっている。

www.h2database.com

 

SQL Serverもキャッシュするのがデフォルトの動作だが、デフォルト値がいくつなのかはっきりと書かれてはいない。

docs.microsoft.com

以下の記述があるから、デフォルト値が1ということはなさそうだ。

CACHE オプションを使用して作成するときに予期しないシャットダウン (電源障害など)が発生すると、キャッシュ内のシーケンス番号が失われる可能性があります。

 

以下のサイトの記述が正しければ、SQL Server 2012ではデフォルト値が50だったようだ。最新版だと変わっているのだろうか...。

blog.engineer-memo.com

 

[まとめ]

  • シーケンスの取得方法はDBによって異なる
  • シーメンスの値は欠番が発生することがある
  • シーケンスの欠番のでき方の一因となるキャッシュサイズもDBによってデフォルト値が異なる