アンケートに回答してゲットしたAWSクーポンを登録した(2019年7月)

先日もらったAWSクーポンをようやくAWSマネジメントコンソールで登録してクレジットとして有効化したので、その時の手順などをまとめておく。

 

 

[AWSクーポンを入手するには]

AWS関連のイベントやキャンペーンに参加すると、AWSを無料で利用できるクーポンがもらえることがある。

 

一例として、次のような方法でクーポンをもらうことができる。

  • 新規AWSアカウント取得キャンペーンに申し込む
  • AWS SummitなどのAWS主催イベントに参加してアンケートに回答する
  • AWSが後援するイベントに参加する

 

新規アカウント取得キャンペーン

キャンペーンの例として2018年のクリスマスの例を載せておく。

 

クリスマスに限らず、新規申し込み時のキャンペーンは割と定期的に行われているようだ。48時間限定と期間は短いが、最近だと2019年7月上旬にも行われていた。

【48 時間限定!】AWS 無料クーポンプレゼント | AWS

 

AWS主催イベントのアンケートに回答

今回自分がクーポンをもらったのはこの方法である。

AWS Summit Tokyo 2019に参加してアンケートに回答したところ、大体1ヶ月くらい経ってから、メールでクーポンコードが届いた。

f:id:kidani_a:20190721211211p:plain

 

AWS後援イベントに参加

数年前の事例しか見つからなかったが、AWSが後援するイベントに参加することでクーポンを入手できる場合があるようだ。 

jawsdays2016.jaws-ug.jp

isucon.net

 

[AWSクーポンの登録方法]

クーポンの登録方法については、公式ページが用意されているが、スクリーンショットが更新されておらず、手順が若干変更になっていたので改めてまとめておく。

aws.amazon.com

AWS クーポンコードを追加するというページもあった。手順は正しいようだがスクリーンショットがないのが残念。

 

まずはAWSマネジメントコンソールにログインする。右上のアカウント名をクリックして表示されるメニューから「マイ請求ダッシュボード(My Billing Dashboard)」をクリックする。

f:id:kidani_a:20190721211305p:plain

 

マイ請求ダッシュボードの左のメニューから、「クレジット」をクリックする。

f:id:kidani_a:20190721211511p:plain

 

クレジットの画面がこちら。メールで送られてきたクーポンコードを「プロモーションコード」の欄に入力し、セキュリティチェックの画像に表示されている文字列を入力し、「適用」ボタンをクリックする。

f:id:kidani_a:20190721211737p:plain

 

入力内容が正しければ、以下のようにクレジットの適用が完了し、利用可能な状態となる。今回のクレジットは約6ヶ月程度利用可能なようだ。

f:id:kidani_a:20190721211826p:plain

 

[AWSクレジットの使い方&対象サービス]

クレジットを利用するには、対象となるサービスを利用すれば自動的に適用される、とクレジットの画面に記載されている。

対象となるサービスは、取得したクーポンによって異なるようだ。例えば、2018年のAWS Summit TokyoではAmazon Echo限定のクーポンが配布されていた

 

取得したクレジットの画面右側に表示されている「完全なリストを確認する」というリンクをクリックすると以下のようなダイアログが表示された。画面サイズが小さいせいか、全ては表示しきれない。

f:id:kidani_a:20190720221946p:plain

 

今回取得したクレジットの対象サービスの一覧を書き出すと、以下の通り大半のAWSサービスで利用可能なようだ。

AMAZONROUTE53REGIONALCHINA
AWS Amplify
AWS AppSync
AWS Backup
AWS Budgets
AWS Certificate Manager
AWS Cloud Map
AWS CloudHSM
AWS CloudTrail
AWS CodeCommit
AWS CodeDeploy
AWS CodePipeline
AWS Config
AWS Cost Explorer
AWS Data Pipeline
AWS Data Transfer
AWS DataSync
AWS Database Migration Service
AWS Device Farm
AWS Direct Connect
AWS Directory Service
AWS Elemental MediaConnect
AWS Elemental MediaConvert
AWS Elemental MediaLive
AWS Elemental MediaPackage
AWS Elemental MediaStore
AWS Elemental MediaTailor
AWS Firewall Manager
AWS Global Accelerator
AWS Glue
AWS Greengrass
AWS Import/Export
AWS Import/Export Snowball
AWS IoT
AWS IoT 1 Click
AWS IoT Analytics
AWS IoT Device Defender
AWS IoT Device Management
AWS IoT Things Graph
AWS Key Management Service
AWS Lambda
AWS Managed Services
AWS OpsWorks
AWS RoboMaker
AWS Secrets Manager
AWS Security Hub
AWS Service Catalog
AWS Shield
AWS Snowball Extra Days
AWS Step Functions
AWS Storage Gateway
AWS Storage Gateway Deep Archive
AWS Support (Business)
AWS Support (Developer)
AWS Support (Enterprise)
AWS Systems Manager
AWS Transfer for SFTP
AWS WAF
AWS X-Ray
AWSCloudDirectoryInternal
Alexa Top Sites
Alexa Web Information Service
Alexa for Business
Amazon API Gateway
Amazon AppStream
Amazon Athena
Amazon Chime
Amazon Chime Business Calling a service sold by AMCS LLC
Amazon Chime Call Me
Amazon Chime Dialin
Amazon Chime Voice Connector a service sold by AMCS LLC
Amazon Cloud Directory
Amazon CloudFront
Amazon CloudSearch
Amazon CloudWatch
Amazon Cognito
Amazon Cognito Sync
Amazon Comprehend
Amazon Connect
Amazon DocumentDB (with MongoDB compatibility)
Amazon DynamoDB
Amazon EC2 Container Registry (ECR)
Amazon EC2 Container Service
Amazon ElastiCache
Amazon Elastic Compute Cloud
Amazon Elastic Container Service for Kubernetes
Amazon Elastic File System
Amazon Elastic Inference
Amazon Elastic MapReduce
Amazon Elastic Transcoder
Amazon Elasticsearch Service
Amazon FSx
Amazon Forecast
Amazon GameLift
Amazon GameOn
Amazon Glacier
Amazon GuardDuty
Amazon Inspector
Amazon Kinesis
Amazon Kinesis Analytics
Amazon Kinesis Firehose
Amazon Kinesis Video Streams
Amazon Lex
Amazon Lightsail
Amazon MQ
Amazon Machine Learning
Amazon Macie
Amazon Managed Blockchain
Amazon Managed Streaming for Kafka (MSK)
Amazon Mobile Analytics
Amazon Neptune
Amazon Pinpoint
Amazon Polly
Amazon Polly
Amazon QuickSight
Amazon Redshift
Amazon Rekognition
Amazon Relational Database Service
Amazon Route 53
Amazon S3 Glacier Deep Archive
Amazon SageMaker
Amazon Simple Email Service
Amazon Simple Notification Service
Amazon Simple Queue Service
Amazon Simple Storage Service
Amazon Simple Workflow Service
Amazon SimpleDB
Amazon Sumerian
Amazon Textract
Amazon Transcribe
Amazon Translate
Amazon Virtual Private Cloud
Amazon WorkDocs
Amazon WorkLink
Amazon WorkSpaces
Amazon Zocalo
AmazonCloudWatch
AmazonWorkMail
CloudWatch Events
CodeBuild
Comprehend Medical
Conferencing Telecommunications (service sold by AMCS, LLC)
Contact Center Telecommunications (service sold by AMCS, LLC)
DynamoDB Accelerator (DAX)
Managed Cloud Pilot

 

ただし、一部対象外となるサービスや機能があるようだ。こちらについては、AWSクレジットの説明ページに記載がある。

 aws.amazon.com

リザーブインスタンスAmazon Mechanical TurkAWS サポート、AWS マーケットプレイスAmazon Route 53 ドメイン名の登録と移転の料金および手数料、いかなるサービスの前払い金、またはお客様の AWS 契約会社が随時指定するその他のサービス(総称して「対象外サービス」)にプロモーション・クレジットは利用できません。

 

サーバレスが叫ばれるようになった今も良く利用されるEC2は、オンデマンドインスタンスやスポットインスタンスはクレジットの対象となるが、リザーブインスタンスはクレジットの対象外であるらしい。

また、Route 53については、利用可能サービスとしてリストアップされているものの、ドメイン名の登録料金としてクレジットを利用することはできないらしい。

 

[まとめ]

  • AWSのイベントに参加したり新規AWSアカウントを作成したりするとAWSクーポンがもらえる
  • 請求ダッシュボードのクレジット画面でAWSクーポンを登録できる
  • 登録したクレジットの有効期限や利用対象サービスはクーポンによって異なるので注意が必要